未来展参加画家のご紹介⑰「セン ゲン」

掛軸と絵画の未来展に参加された画家さんのプロフィールをご紹介していきます。

今回は、セン ゲンさん。

東京造形大学造形研究科 造形専攻美術研究領域の所属です。(2022年7月時点)

1998年、中国のお生まれ。

過去の作品展出展の実績はこちらです。

【2021年】
東京都美術館 ZEN展
かまくらギャラリー グループ展

【2022年】
恵比寿アメリカギャラリー グループ展

そんなセン ゲンさんに、作品制作についての考え方をうかがいました。

セン ゲンさん「愛欲と言うものを基づいて、平面作品を制作しています。『愛欲』と言えば、『男女の情愛』や『人への情欲』などといった印象を与えがちですが、愛欲はそれだけでなく、外界に対する強い執着、力強い感情だと私は考えています。」

過去に制作された作品はこちらです。

セン ゲンさんの軸画が見られる 「第3回掛軸と絵画の未来展」、どうぞご期待ください。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介③「池谷貴子」

  2. 未来展参加画家のご紹介⑨「根岸慧理子」

  3. 未来展参加画家のご紹介⑤「林天駒」

  4. 未来展参加画家のご紹介④「野原望愛」

  5. 7月の表粋会活動報告

  6. 第3回未来展、展示準備作業。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。