5月2回目の表粋会活動報告

5月8日に続き、今月2回目の表粋会の活動が22日に行われました。

第3回掛軸と絵画の未来展」に出展する掛軸の提出が目前に迫り、

各自の作業も佳境を迎えています。

また、表粋会員の多くが所属する、

東京表具経師内装文化協会主催の作品展、

「第65回表装・内装作品展」も6月に開催が迫っており、

そちらの作業も並行して行う状況です。

それに加えて、巻子修復の講習会や、最近受けた仕事の情報共有、

未来展に向けた打合せ、新たに表粋会に舞い込んだ協力依頼のお話し

と今日も表粋会は見どころ、学びどころ盛りだくさんの一日です。

こちらは、掛軸の仕立て作業中。

先日のブログでご紹介した「上裏」の作業を経て

仮張りと呼ばれる板に張り込んだ状態から、

一度剥がして、「裏擦り」をしたあと、

表裏を返して、再度仮張りに張り込みます。

この一連の作業を「返し張り」と言います。

仮張りに張り込んだ状態をより長く継続することで、

掛かりが良い掛軸に仕上がります。

この返し張りも、表具師によって様々なやり方があり、

表粋会では、それを情報共有し、より良い仕立て方を

研究しています。

先述の「第65回表装・内装作品展」。

こちらがチラシです。

6月15日~21日まで開催。場所は上野にある東京都美術館です。

掛軸以外にも、屏風、額、衝立、パネルなど、

若手から熟練の表具師まで、各々が考えに考え抜き

趣向を凝らした作品が一堂に会します。

2020年、2021年とコロナ禍で中止となったため、

今回は3年ぶりの開催です。

ぜひご来場ください。

次回の表粋会は、6月5日。

いよいよ未来展に出展する掛軸の提出日です。

どんな作品が集まるか、今から楽しみです。

関連記事

  1. 4月の表粋会活動報告

  2. 未来展参加画家のご紹介⑭「山田卓人」

  3. 7月の表粋会活動報告

  4. 未来展参加画家のご紹介⑮「陳笑」

  5. 掛軸と絵画の未来展、進捗のご報告

  6. 未来展参加画家のご紹介①「袴田真子」

コメント

    • 田中正武
    • 2022年 5月 27日

    今年も
    頑張ってください。期待しています

    • コメントありがとうございます。
      ご期待に応えられるよう、頑張ってまいります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。