6月の表粋会活動報告と作品展のおしらせ

6月の表粋会の活動報告です。

8月に開催が迫る「第3回 掛軸と絵画の未来展」、

6月5日は、その作品の提出日でした。

1月に各自が担当する画を決めてから、早5か月。

各々趣向を凝らした掛軸が集まります。

他の会員がどのように仕立てたのか、一同興味津々です。

掛軸は、パッと見た時の色や形ももちろんですが、

じっくり観察することで、裂の持つ質感や、

表具師がどのような意図をもって材料を選び、仕立てたのか、

など、より深く味わうことができます。

画、表具ともに、他では見ることのできない意欲的な作品が揃う、

掛軸と絵画の未来展、ご来場をお待ちしております。

さて、今月はこの他に2つ作品展のご案内です。

1つ目は、銀座にあります、

ひのつみ画廊さんにて、

2022/6/7日(火)~18(土)まで開催されております、

企画展「表具師がつなぐ世界」。

第1回、第2回の掛軸と絵画の未来展に出展した作品の

一部が展示されています。

2つ目は、

表粋会員の多くが所属しております、

 (一社)東京表具経師内装文化協会主催の作品展、

「第65回表装・内装作品展」。

2022/6/15(水)~21(火)に、

東京都美術館1階 第1展示室にて開催されます。

コロナ禍により、2020年、2021年と開催を見送っており、

実に3年ぶりの開催です。

詳細はこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介②「ネルソン ホー イー ヘン」

  2. 未来展参加画家のご紹介⑰「セン ゲン」

  3. 未来展参加画家のご紹介⑫「セイゲツリョウ」

  4. 未来展参加画家のご紹介⑭「山田卓人」

  5. 未来展参加画家のご紹介⑧「川口富裕実」

  6. 未来展参加画家のご紹介⑥「岡路貴理」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。