未来展参加画家のご紹介①「袴田真子」

「第3回 掛軸と絵画の未来展」の開催まであと1ヶ月半となりました。

当ブログで、今回の企画に参加された画家さんのうちの一部の方の

プロフィールをご紹介していきます。

第1弾は、袴田真子(はかまだ さなこ)さん。

多摩美術大学大学院美術学部日本画学科の所属です。(2022年6月時点)

1997年、三重県生まれ。

過去の受賞歴はこちらです。

【2019年】
‪五美術大学交流展2019 NEW AGE
東京展賞・中里賞 受賞 

【2021年】
第54回 神奈川県展 入選 


その他、下記の作品展にも出展されてきました。

【2019年】
ビッグウエスト学生フェスティバル美術展2019‬
五美術大学交流展2019 NEW AGE
見参 KENZAN2019
東京展 
日本画展 passion
銀座MOGA
札幌MOGA

【2021年】
第44回東京五美術大学連合卒業・修了制作展
卒業制作優秀作品集2021掲載
第54回 神奈川県展 
第3回日本画恐竜展

そんな袴田真子さん、

「自分にとって心躍る素敵なものを作る」、

という考え方で創作に臨まれているそうです。

過去に制作された作品はこちらです。

そんな袴田真子さんの軸画が見られる

第3回掛軸と絵画の未来展」、どうぞご期待ください。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介⑪「王夢石」

  2. 未来展参加画家のご紹介⑰「セン ゲン」

  3. 5月の表粋会活動報告

  4. 未来展参加画家のご紹介⑭「山田卓人」

  5. 未来展参加画家のご紹介⑩「渋谷眞希」

  6. 6月の表粋会活動報告と作品展のおしらせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。