未来展参加画家のご紹介⑤「林天駒」

掛軸と絵画の未来展に参加された画家さんのプロフィールのご紹介、第5弾。

今回は、林天駒(リン テンク)さん。

多摩美術大学大学院日本画専攻の所属です。

そんな林天駒さんに創作における考え方をうかがいました。

林天駒さん「私の研究テーマは『詩的な絵画言語』です。絵画の世界は画面の単純的な描写だけでなく、画家の心と内面性も連想し、人の感情と詩意的な美しさも表現することができると思っています。絵画における「詩意」という概念を考察することによって、文学と絵画の技法の表現と基礎に基づいて、画面の美しさを追求するだけでなく、詩のような境地の表現することを探求し、詩と絵画にはどういう様な関係を明らかにすることを目的としています。」

林天駒さんが過去に制作された作品はこちらです。

その他の作品はInstagramの方でもご覧いただけます。「tianju.lin」で検索してみてください。

そんな林天駒さんの軸画が見られる

第3回掛軸と絵画の未来展」、どうぞご期待ください。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介⑪「王夢石」

  2. 掛軸と絵画の未来展 意匠打合せ

  3. 未来展参加画家のご紹介⑦「古屋湖都美」

  4. 4月の表粋会活動報告

  5. 未来展参加画家のご紹介⑰「セン ゲン」

  6. 未来展参加画家のご紹介⑥「岡路貴理」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。