未来展参加画家のご紹介⑩「渋谷眞希」

掛軸と絵画の未来展に参加された画家さんのプロフィールをご紹介していきます。

今回は、渋谷眞希(しぶや まき)さん。

東京藝術大学美術研究科日本画第二研究室のご卒業です。

1996年、東京都生まれ。

今後の作品展の予定は下記です。

「神山財団成果展」2022年10月8日〜12日
「七彩輪2022」2022年10月10日〜15日

そんな渋谷眞希さんに創作活動についてうかがいました。

渋谷さん
「よく夢を見る事が多く、内容は現実的なものもあればリアルとはかけ離れた非現実的なものもあり、時に夢が決断の助けになってくれる事もあれば、悪夢を見ることもありました。そんな夢に対して疑問を持ち始め、眠る人を題材に作品を描いていました。その後夢について勉強していたら、夢はただ脳が創り出した創造物なだけで、最近では脳に興味が湧き、脳からみる世界に着目して作品を描いております。」

過去に制作された作品はこちらです。

そんな渋谷眞希さんの軸画が見られる

第3回掛軸と絵画の未来展」、どうぞご期待ください。

関連記事

  1. 7月の表粋会活動報告

  2. 5月2回目の表粋会活動報告

  3. 未来展参加画家のご紹介⑦「古屋湖都美」

  4. 未来展参加画家のご紹介④「野原望愛」

  5. 6月の表粋会活動報告と作品展のおしらせ

  6. 未来展参加画家のご紹介⑤「林天駒」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。