未来展参加画家のご紹介⑬「フウ ウショウ」

掛軸と絵画の未来展に参加された画家さんのプロフィールをご紹介していきます。

今回は、フウ ウショウさん。

多摩美術大学大学院 日本画学科の所属です。(2022年6月時点)

1996年、中国のお生まれ。

これまで下記の作品展に出展されてきました。

【2022年】
溯 2022年多摩美術大学日本画研究領域二年生展 (東京 · 佐藤美術館)
不知火 日本画·油画3人展(東京 · re;tail gallery)

【2021年】
無限の園 多摩美4人展(東京 · design festa gallery)
毕业歌 · 2021夏季展(北京 · 方圆美術館)
zen展(東京 ·東京都美術館)
東京五美大連合展(東京 · 国立新美術館)

【2020年】
美の舎gallery選抜展(東京 · 美の舎gallery)

そんなフウ ウショウさんに、創作活動におけるお考えをうかがいました。

以下、ご回答文章を転載します。

——————-

無意識は心理学学界に重要な理論の一つとして、芸術の領域にもたくさん論点を提出し、芸術家方にも直接的あるいは間接的な影響を与えている。しかし、「絵画と集合無意識」というテーマを研究する学者は少ない。特別に、集合無意識の人間性と社会性についての研究は芸術学に置いて不十分である。
そこで、現存の先行研究が不足だという状況で、本研究は先行研究を補足し、絵画の方法で集合無意識の元で人間性と社会性の間にネゲントロピーを判明する。
群像画の形式で、社会の縮図を表す。現実な生活を脱出した場面を通し、幻しい画面に現実の人間関係を隠喩する。絵の中の人物は誇張な動きと違和感ある具合とともに、謎がある雰囲気を醸し出す。特別に、人物の動きの方向性を指示し、秩序を表現する。
人体の形を多様に変形して試みる。写実と抽象との垣根をはずし、バランスをとる。極めた自由な人体と謎な抑圧との共存する矛盾な世界を描く。

フウ ウショウさんが過去に制作された作品はこちらです。

そんなフウ ウショウさんの軸画が見られる

第3回掛軸と絵画の未来展」、どうぞご期待ください。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介⑦「古屋湖都美」

  2. 未来展参加画家のご紹介④「野原望愛」

  3. 未来展参加画家のご紹介⑤「林天駒」

  4. 4月の表粋会活動報告

  5. 未来展参加画家のご紹介⑮「陳笑」

  6. 未来展参加画家のご紹介⑨「根岸慧理子」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。