未来展参加画家のご紹介⑯「近藤了禅」

掛軸と絵画の未来展に参加された画家さんのプロフィールをご紹介していきます。

今回は、近藤了禅(こんどうりょうぜん)さん。

多摩美術大学 美術学部 絵画学科 日本画専攻の所属です。(2022年7月時点)

1998年、愛知県生まれ。

これまでの個展の実績は下記です。

【2010年】
MOVING BRAIN  名古屋市民ギャラリー矢田

【2015年】
僕の5年  名古屋市民ギャラリー矢田

【2016年】
僕にできること  気仙沼海の市シャークミュージアム
僕にできること  名古屋市民ギャラリー矢田

【2018年】
Face to Face   ギャラリー彩

そんな近藤了禅さんに作品創りについてうかがいました。

近藤さん
「作品と意思疎通ができる魅力がうまれることを目指し、豊かな表情をもった動物を描いています。感情は目に出ると考え、作品からおくられる視線をとくに意識しています。」

過去に制作された作品はこちらです。

近藤了禅さんの軸画が見られる

第3回掛軸と絵画の未来展」、どうぞご期待ください。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介⑰「セン ゲン」

  2. 7月の表粋会活動報告

  3. 未来展参加画家のご紹介⑥「岡路貴理」

  4. 第3回未来展、展示準備作業。

  5. 第3回掛軸と絵画の未来展に向けて

  6. 掛軸と絵画の未来展 意匠打合せ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。