屏風の下張り

今月の表粋会は、裏打ち作業と屏風の下張り作業を行いました。


屏風やふすまの下張りには、写真のような反故紙と呼ばれる紙が使われていることがあります。


要はいらなくなった紙のことなのですが、大福帳や借金の借用書、役所の書類、手紙や落書きなど、いろいろなものがあります。


良質のものはとても強度があり、下張りに最適とされています。昔は当たり前に使われていて、簡単に手に入れることができましたが、今やとても貴重な紙といえます。


よくよく見ると、結構な個人情報が書かれているものもあったりして、読み始めると止まらなかったりします。

関連記事

  1. 掛軸や巻子の修復

  2. 紙の講習会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。