掛軸や巻子の修復

今月の表粋会は、痛みの激しい掛軸や巻子の修復についての勉強会でした。

修復前の状態を正確に記録に留めるため、

部屋を暗室状態にして作品の撮影をしました。

ご依頼主の要望にしっかりとお応えするために、

欠かすことのできない工程です。

関連記事

  1. 4月の表粋会活動報告

  2. 12月の表粋会

  3. 紙の講習会

  4. 5月の表粋会活動報告

  5. 屏風の下張り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。