第3回掛軸と絵画の未来展に向けて

ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

さて表題の通り今年2022年は、掛軸と絵画の未来展を開催する年となります。

おかげさまで2018年に初開催後、今年が3回目となります。

回を重ねるごとに、反響も大きくなり、

我々表粋会も、常に何か新しい試みを盛り込んでいこうと考えていますので、

どうぞご期待ください。

さて、そんな掛軸と絵画の未来展、

参加いただいた学生の皆様から、

締切としていた昨年末までに作品が届きました。

過去2回同様、どれも力作ばかりです。

先日の表粋会。

その集まった作品を誰が表装するかを決める大事な一日でした。

集まった画を、表具師が吟味します。

この画をどんな掛軸に仕立てようか、想像を膨らませます。

悩みに悩んだ末、どの絵を誰が掛軸に仕立てるか無事に決定しました。

各作品の担当が決まったので、

今後、画家さんと表具師による意匠打合せが行われます。

画家さんがどのような意図で画を描いたかをヒアリングし、

表具師はどのように掛軸に仕立てるか、より考えを深めていきます。

寸法・かたち、使う裂の色・柄、軸先、紐、などなど、

取り合わせは無限大、表具師のセンスが試されます。

引き続き、こちらのブログ・ホームページで

経過の報告をしていきます。

どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. 未来展参加画家のご紹介⑥「岡路貴理」

  2. 掛軸と絵画の未来展、進捗のご報告

  3. 未来展参加画家のご紹介⑩「渋谷眞希」

  4. 未来展参加画家のご紹介⑤「林天駒」

  5. 第3回未来展、展示準備作業。

  6. 第3回掛軸と絵画の未来展、会期中の様子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。